2009年11月04日

オプション取引とボラティリティ

オプション取引の用語として登場するのが「ボラティリティ」という言葉です。
ボラティリティとはなんでしょうか。
価格というのは変動しますが、その変動の幅の比率を言うそうです。
オプション価格を決定する要素は5つあり、一つ目は原資産の価格です。
二つ目は権利行使価格です。
三つ目は満期日までの時間です。
四つ目は金利です。
そして最後はボラティリティとなるのですが、この算出方法まで知っておく必要はないとしても、これをいかに役立てるかということが重要になってくるそうです。
ボラティリティは時間価値に大きく関わっており、時間価値を決定付ける要素になるそうです。
ボラティリティが高くなるのは価格変動が大きくなったときになりますが、反対に低くなるときは価格変動が小さいときです。
まとめてみましょう。
ボラティリティが高いときはオプションのプレミアムがどうなるでしょうか。
この場合は高くなります。
逆にボラティリティが低いときはオプションのプレミアムはどうなるでしょうか。
プレミアムも低くなるのです。
ちなみにボラティリティには二つの種類があるそうですが、ヒストリカル・ボラティリティというものと、インプライド・ボラティリティというものがあるそうです。
ボラティリティについてはそんなに深く知っておいたほうが絶対に良いという必須ではなく、ある程度の知識としてこのようなものだと簡単に覚えておくだけでよいものだそうで、いかにこれをオプション取引時役に立てるかということのほうが重要だといいます。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株価指数オプション取引

株価指数オプション取引について触れてみたいと思います。
株価指数オプション取引とは簡単に言うと株価指数というものがあり、それを取引する権利のことを言います。
ちなみに株価指数オプション取引には2種類あり、一つ目は日系225オプションです。
もうひとつは日系300オプションというのがあるそうです。
オプションの権利には4つの種類があることを先ほど伝えましたが、取引は決められた日までに行われます。
この決められた期日というのはいつのことを言うのでしょうか。
それは毎月第二金曜日の前日となっており、この日を最終の取引期日としているようです。
さらにその期日はいつかといいますと限月といって、3,6,9,12,3月となっており、限月取引として合計8つの月が並行して行われているようです。
残りの3つの月は3,6,9,12,3月以外の直近3ヶ月があるそうです。
ほかには15月が並行しているとも言われているところもあります。
15月とは3,6,9,12以外の直近3ヶ月をいっているそうですが、これについては8といっているところもあれば15といっているところもありますので、株価指数オプション取引を行う際には自分でよく調べてからにしたほうがよいかもしれませんね。
株価指数オプション取引はひとつの月が終了となれば次の日からは新しい限月取引が行われるということになっているようです。
限月取引については少し難しいので、理解するためにも十分な勉強が必要となるでしょう。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株券オプション取引

株券のオプション取引というのがあります。
株券オプション取引というのはいったいどういうものなのでしょうか。
もちろんオプション取引のうちにはいるものですが、対象としているのは個別銘柄になるそうです。
株価オプション取引はどうやって行うのか、その方法といいますとまずは3つのことで構成されますが、一つ目は「単位取引」というものですが、これは売買単位をさします。
対象株式の単位です。
次に「権利行使」です。
権利行使は取引できるのが最終日のみとなっています。
最後に「決済」です。
決済は現物決済となっており、現物株式を受け渡すことになっています。
簡単に言うと株券オプション取引とは権利を取引売買することを言いますが、ここで言う権利とは決められた数量を決められた価格によって期日までに買うという権利または売るという権利を言います。
ちなみにアメリカでは株券オプション取引が幅広く行われているそうです。
個人の資産家や機関投資家が多いようです。
一方日本ではまだ投資家に浸透していないという現状があるようですが、まだ日本にこれが採用されて歴史が浅いようですので、これから浸透していくのではと言われています。
日本ではまだまだではありますが、アメリカではすでに市場を占めている主なものが株式オプション取引なのだそうです。
日本の中で都心においては東京証券取引所で取引がおこなわれていますし、関西では大阪証券取引所での取引が行われているそうですよ。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。