2009年11月04日

デリバティブとオプション取引

オプション取引について調べてみると色々な用語や要点が出てきます。
オプション取引はデリバティブのひとつですが、デリバティブとはなんでしょうか。
デリバティブとは金融商品のことを言いますが、原資産の変動値により価格が決められるというものだそうです。
そこで、デリバティブの中で登場する用語として3つの言葉があります。
一つ目は「ヘッジ」というもので、ヘッジの意味はリスク回避という意味だそうです。
もうひとつは「投機」といいまして、リスクを取るがそれを利用して収益を得るということのようです。
将来の相場変動に対し賭けをし、取引をすることを言います。
最後は「裁定」と言いまして、これはリスクを取りませんが、価格の差を利用して儲けを出すことを言うそうです。
ちなみにデリバティブ取引には種類がいくつかあるようです。
良くきく言葉として先物取引が挙げられます。
先物取引の中には通貨先物取引や有価証券先物取引 、有価証券指数等先物取引 などがあります。
スワップ取引もデリバティブの種類に該当するようです。
スワップ取引の中には為替スワップ、金利スワップ、通貨スワップなどがあります。
そして先ほどから紹介しているオプション取引があります。
再度デリバティブについて簡単に説明をすると、ある金融商品のリスクを回避するまたはリスクを取って高い収益を取るという手法を利用したものがデリバティブと言うようです。
ちなみに金融商品とは債権や株式、ローンなどがあります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引の損益関係

オプション取引で損失が大きいのは売り手ですよね。
その損失は無限だそうです。
ですが、利益になるときはやはり大きいそうですので、利益になった場合を考えると魅力も大きいのではないでしょうか。
しかも損失よりも利益になることのほうが可能性としては高いと言われているようです。
オプション取引での売り手が利益を生む場合はどのようなことが起こった場合なのでしょうか。
まずはコールオプションの売り手でいいますと、原資産の価格が下降したとき。
これは大きく下降したときに利益が生まれます。
小さく下降したときも利益が生まれます。
横ばいも利益が生まれます。
ここまでは利益がうまれますが、利益と損失の両方がありえる場合は小さく原資産の価格が上昇したときです。
主に3つまたは4つの状態で利益を生むことができますね。
そしてプットオプションの場合ですが、大きく原資産の価格が上昇したときに利益を生みます。
これはコールオプションと逆ですね。
ほかには小さく原資産の価格が上昇したときも利益が生まれます。
もちろん横ばい状態になっているときでも利益が生まれます。
損失と利益の両方がありえるのは小さく原資産の価格が下降した場合です。
どうでしょうか。
コールオプションとプットオプションで共通しているのは横ばい状態のときに利益が生まれるということに気がつくと思います。
それ以外は逆ですね。
損益の関係というのは知っておいて損はありません。
むしろ知っておいたほうが絶対に役に立ちますし、知っておくべきものでしょう。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引を保険として利用する

オプション取引というのは利益目的で売買をするということに利用できるほか、保険としての利用もできるそうです。
保険というのは株の資産に対する保険を言います。
主に二通りの利用方法があるようですが、どちらもその人の目的によって用途が変わってくるのは言うまでもありません。
良くある話ではたくさんの資産を持ってはいたけれど突然なにかが起こって資産がまったくなくなってしまったということを聞くことがありますね。
このような事態というのは突然訪れます。
そういったことに対しての保険としてオプション取引を保険として利用するという方法があるようです。
プットオプションを保険として利用することがあるようですが、どのような利用方法で行えばよいのでしょうか。
あらかじめ保有している原資産があるとします。
それに対してプットオプションを買うのです。
そうすることによってそのプットオプションが保険の役割をしてくれるというのです。
プットオプションとは売る権利です。
株価が下がってきてしまった、またはその予測がついたときに売ってしまえば保険として成立するのです。
普通の生命保険のように考えるとわかると思いますが、保険には保障期間があります。
もちろん保障期間は長いことに越したことはありませんね。
そして保障額も大きいほうが絶対に良いです。
この条件を考えるとなるべくでしたらプットオプションでも満期まで十分な日数があること、そしてアットザマネーに近い権利行使価格であること。
これを満たしたプットオプションを選べばよいのです。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。