2009年11月04日

金融オプション取引

オプション取引では原資産という対象物があり、その種類はたくさんの種類がありますが、オプションの対象が金融商品であった場合は金融オプション取引ということになります。
金融オプション取引の対象である金融商品には金利や個別株式、通貨などがあります。
株式オプション、金利オプション、通貨オプションが大きく分けて挙げられますが、株式オプションはさらに分けると対象が個別銘柄となっている件株オプションというものと、対象が株価指数になっている株価指数オプションとに分けることができます。
金利オプションについてはさらに細かく分けると短期金利オプション、債権オプション、スワップオプションに分けられます。
短期金利オプションは対象が短期金利になっていますし、逆に対象が長期金利であると債権オプションになります。
ユーロドル預金等のオプション取引では対象が短期金利となっているようです。
スワップオプションは長期金利の取引となっているようです。
通貨オプションは対象が為替取引で、ドルと円の交換を行います。
再度簡単にまとめますと、金融オプションの種類としては株式オプションと金利オプションと通貨オプションの3種類があり、株式オプションは債券と株価指数、金利オプションは短期と長期に分けられていて、短期は預金であり、長期は債権ということになっている、通貨オプションでは主要通貨があるということです。
おおまかな分類があり、さらに細かくその中でわけられているということになります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプションの種類

オプション取引でいうオプションとは権利のことを言いますが、現物オプションというものと、先物オプションがあります。現物オプションの対象は現物市場になります。
先物オプションの対象は先物市場になります。
決済に利用されるのは現物オプションでは現物になりますが、先物オプションは、先物が決済に利用されるということになります。
取引形態としては上場オプションでは先物取引と現物取引の両方が取引されているのに対し、店頭オプションでの取引は現物オプションのみが取引されているそうです。
ちなみにオプションの種類というのは数種類ありまして、金利オプションや株式オプション、通貨オプションがあります。
オプション取引での対象としているものは原資産でありますが、原資産の数があるほどオプションの種類もあるというのは言うまでもありません。
オプション取引が行われるのは色々な原資産がありますが、中でも対象が金融商品になっているものについては金融オプションと呼びますし、株式が対象であれば株式オプション取引と呼びます。
対象が何なのかによってオプション取引の呼び方が変わってきます。
金融商品を対象にしたオプション取引は3種類あり、金利オプションと通貨オプション、最後に株式オプションがあるそうです。
名前を聞けばわかると思いますが、何を対象にしているのかはそれぞれの呼び方でわかるようになっています。
金融オプション取引というのは総称になり、大きく分けるとこの3種類があるようです。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引の市場

オプション取引はどういう形態になっているのでしょうか。
オプション取引の形態として、取引される市場がありますが、その市場には2種類ほど種類がありまして上場市場と店頭市場というのがあります。
上場市場というのは取引所というところで行われています。
特徴としては定型化されているのが上場市場の特徴になるようです。
取引所での取引ということの利点としては信用を心配する必要が無いということです。
そして極めて取引の流動性の高いということです。
また、決済においての安全性も高いと言われているようです。
そして店頭市場といのはどういう形かといいますと、相対取引になります。
相対とは銀行間であったり、個人と銀行であったりするようです。
この場合、相対ということで取引の条件は自由に決めることができるようです。
ということは柔軟な取引ができるということですね。
また、証拠金が必要ないということも利点のうちに入るようです。
ただしどちらも利点があれば欠点もあります。
上場市場での欠点といえば証拠金が必要になるということです。
店頭市場では上場市場と反対に流動性が低いと言われています。
そして上場市場とは違って取引所で行われるものではありませんので、信用の問題が発生するということも若干面倒なこととして欠点に挙げられるかもしれませんね。
上場市場では手続きなどがわずらわしいという欠点もあるようです。
また、取引の管理なども煩雑だということが欠点で挙げられています。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。