2009年11月04日

オプション取引とコンビネーション取引

オプション取引では色々なパターンを組み合わせることによってそれが戦略となるわけですが、次はコンビネーション取引というものがあるようですので、触れてみたいと思います。
コンビネーション取引は違う種類のオプションを組み合わせるものだそうです。
また、その逆でスプレッド取引という同じ種類のオプションを組み合わせするものもあります。
コンビネーション取引は複合パターンですので、理解するのに少し大変かもしれませんが、簡単に触れてみると違う種類であるコールの買いとプットの買いの組み合わせ、ほかにはコールの売りとプットの売りを組み合わせるというパターンです。
予測としては相場が変動するかどうかということに対して予測し、方向性は関係しないようです。
コンビネーション取引のパターンはオプション取引を行ううえで覚えておいたほうが良いそうですので、しっかりと把握しておく必要があると思われますが、コンビネーション取引の中でいくつかまた種類があります。
ロングストラドルとショートストラドル、またロングストラングルとショートストラングルということで、コンビネーション取引の中でも4つパターンがあるのです。
このパターンを少しずつ紹介していきます。
まずロングストラドルというのはストラドルの買いという意味のようです。
ショーとストラドルはショートの売り、ロングストラングルはストラングルの買い、ショートストラングルはストラングルの売りという意味になります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引のパターン

オプション取引では4つのパターンがあるとのことですが、先ほど説明したロングコールとショートコールの他にはロングプットとショートプットがあります。
ロングプットはプットの買いという意味だそうで、相場が弱い状況であるということが予測されている状態ではあるものの、これも予想ですので外れてしまった場合は損失がでますが、損失が出た場合はロングコールと同じ、損失を限定するということができるもののようです。
これには合成ロングプットがありますが、ショートポジションとロングコールから成り立っているようです。
これが利用されるのは原資産の下落が予想されているが万が一ということで原資産があがることも十分考えられるというときに利用されるそうです。
もうひとつ、ショートプットというのがありますが、ショートプットはロングプットの反対でプットの売りという意味になるそうです。
相場の予測として先行きが確実であると確信してはいるものの、期待できるほど大きな上昇はないと予測されるときに利用されるのがショートプットだそうです。
これにはやはり合成ショーとプットというのがありまして、ロングポジションとショートコールから成り立っているようです。
ショートプットとショートコールは損失を出してしまうとその損失が大きいとも言われています。
また、オプション取引を行う際には4つのパターンがどういうものなのか、どういう組み合わせで成り立っているのかを把握しておきましょう。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引の戦略

オプション取引は4つのパターンがありますが、そのパターンとはコールオプションの売りと買い、プットオプションの売りと買いがありますね。
その4つパターンを利用し、戦略を行っていくわけです。
その中でコールオプションの買いでは「ロングコール」というものがあります。
ロングという意味はオプションで買うという意味だそうです。
長いという意味ではないそうですね。
原資産の相場が上がるということを予測してはいるものの、あくまで予想ですので、外れることがあります。
外れた場合には損失がでるわけですが、その損失を限定することをロングコールというそうです。
ロングコールには「合成ロングコール」というのがあり、原資産のコールオプションをあらかじめ購入しておくことです。
その際にはもちろん予想をした上で購入しておくということになります。
オプション取引には満期日があるのを先ほどから説明していますが、満期日に原資産の価値があがるほど利益が増えるということのようです。
合成ロングコールはロングプットとロングポジションから成り立っているそうです。
また、「ショートコール」というのも存在するわけですが、ショートコールはコールの買いという意味だそうです。
相場が下降ぎみになっているあるいは下降していることを予測、確信しているものの、下落自体はそこまで大きいものではないと思われる場合に使用される戦略だそうです。
ちなみにショートコールには合成ショートコールといって、ショートプットとショートポジションを組み合わせたものがあります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。