2009年11月04日

オプション取引をしっかり学ぼう

これまでオプション取引についていくつかのことを少しずつ抜粋しながら説明してきましたが、何より初心者にとっては色々な聞きなれない用語が出てくるため、難しいですし、簡単に理解できるものではありません。
オプション取引の基本を最初は抑えて用語を覚えていき、その用語の意味やどういう仕組みのことを言うのかというのを順を追って理解していかなければ、とうてい難しくて実践できるところまではたどり着きませんね。
普段から株などを行っていたり、経営を行っていたりすればオプション取引自体はそんなに難しいことでは無いのかもしれませんが、金融について学んでおきたいということで最初から勉強するにはやはり身近にいる知識を持った人からきちんと教わったほうが良いでしょう。
オプション取引の買い手と売り手の関係、買い手にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、または売り手にはどのようなメリットやデメリットがあるのかということをまずは把握し、インターネットや本などですこしずつ理解していきましょう。
また、オプション取引の対象である原資産についてもどのようなものがあるのか、色々と種類がありますし、その中で自分が行いたい取引についてはより詳しくしっておく必要があります。
口座開設のところでお伝えしましたが、知識や経験、投資金額が少ないなどで口座開設ができない場合があります。
そういった実践を行う前で立ち止まってしまうことのないよう、経験がなければ知識をしっかり身につけましょう。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引とストラングル

次にオプション取引の戦略パターンであります、コンビネーション取引のなかのショーとストラドルについて少し触れてみます。
ショーとストラドルはショートの売りという意味ということは先ほどもお伝えしました。
この戦略は相場の変動のない、つまりは安定している状態だと予測されるときに利用されるものだそうです。
先ほどのロングストラドルと違ってこのメリットになっているのが約2倍のプレミアム料が支払われるというのがメリットとなっているようです。
内訳としてはもちろんコールとプットのプレミアム料です。
これは安定している、または動きが小さい場合には利益が得られるということでありますが、予測が外れてしまって相場に大きな動きが出てしまった場合は損失ということになります。
売りのリスクとしていつも付きまとっているのが、損失が大きすぎることです。
これには制限がありませんので、損失が無限になっているというのが最大のリスクであります。
次にロングストラングルというのがありますが、これは相場の大変動にたいして利用されるものだそうですが、大変動というのはストラドルを超える範囲のものを言います。
一単位ずつコールとプットを買いますが、これは異なるものを買うことになります。
プレミアム料が安いというのはありますが、行使できる確率もその分少ないそうです。
最後にショートストラングルというのがありますが、相場の動きが大きくても収益はあるものの、受け取れるプレミアム料は少ないというものがあるようです。
オプション取引にはメリットデメリットがそれぞれあるということがよくわかりますね。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オプション取引とストラドル

オプション取引でのいくつかの戦略として先ほどから色々な取引内容やパターンがでてきていますが、これからコンビネーション取引の中でのパターンを紹介します。
まずはストラドルの買いという意味でロングストラドルがありますが、オプション取引には行使価格というものがありましたよね。
これは同じ行使価格を購入するのですが、買うのはコールとプット、そして一単位ずつ購入するというものです。
相場には上昇と下落がありますが、上昇の場合はコールオプション、下落の場合はプットオプションを行使する。
そうしたことで利益が生まれるというものだそうです。
相場が上昇しても下落しても変動があれば利益が得られます。
ただし、これには欠点がありまして、支払いに関してはプレミアム料金の二倍の金額で支払わなければならないということが欠点です。
内訳としてはコールとプットのプレミアム料金です。
それを二倍支払うということです。
ということは今、相場の動きさえあれば利益が生まれるとはいいましたが、結局のところプレミアム料が高いですので、支払ったプレミアムよりも相場が動かないと利益は生まれないことになってしまうのです。
ですが、相場が反転したとすれば残っているオプションの権利を利用して利益をつむことができるそうです。
以上のようにロングストラドルはロングコールとロングプットから成り立っていますが、これが利用されるのは相場の下落または上昇の見込みが確定されてはいないが、動く際には大きな動きが予測されるというときに使われるそうです。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。