2009年11月04日

オプション取引とストラングル

次にオプション取引の戦略パターンであります、コンビネーション取引のなかのショーとストラドルについて少し触れてみます。
ショーとストラドルはショートの売りという意味ということは先ほどもお伝えしました。
この戦略は相場の変動のない、つまりは安定している状態だと予測されるときに利用されるものだそうです。
先ほどのロングストラドルと違ってこのメリットになっているのが約2倍のプレミアム料が支払われるというのがメリットとなっているようです。
内訳としてはもちろんコールとプットのプレミアム料です。
これは安定している、または動きが小さい場合には利益が得られるということでありますが、予測が外れてしまって相場に大きな動きが出てしまった場合は損失ということになります。
売りのリスクとしていつも付きまとっているのが、損失が大きすぎることです。
これには制限がありませんので、損失が無限になっているというのが最大のリスクであります。
次にロングストラングルというのがありますが、これは相場の大変動にたいして利用されるものだそうですが、大変動というのはストラドルを超える範囲のものを言います。
一単位ずつコールとプットを買いますが、これは異なるものを買うことになります。
プレミアム料が安いというのはありますが、行使できる確率もその分少ないそうです。
最後にショートストラングルというのがありますが、相場の動きが大きくても収益はあるものの、受け取れるプレミアム料は少ないというものがあるようです。
オプション取引にはメリットデメリットがそれぞれあるということがよくわかりますね。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132010691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。