2009年11月04日

オプション取引とストラドル

オプション取引でのいくつかの戦略として先ほどから色々な取引内容やパターンがでてきていますが、これからコンビネーション取引の中でのパターンを紹介します。
まずはストラドルの買いという意味でロングストラドルがありますが、オプション取引には行使価格というものがありましたよね。
これは同じ行使価格を購入するのですが、買うのはコールとプット、そして一単位ずつ購入するというものです。
相場には上昇と下落がありますが、上昇の場合はコールオプション、下落の場合はプットオプションを行使する。
そうしたことで利益が生まれるというものだそうです。
相場が上昇しても下落しても変動があれば利益が得られます。
ただし、これには欠点がありまして、支払いに関してはプレミアム料金の二倍の金額で支払わなければならないということが欠点です。
内訳としてはコールとプットのプレミアム料金です。
それを二倍支払うということです。
ということは今、相場の動きさえあれば利益が生まれるとはいいましたが、結局のところプレミアム料が高いですので、支払ったプレミアムよりも相場が動かないと利益は生まれないことになってしまうのです。
ですが、相場が反転したとすれば残っているオプションの権利を利用して利益をつむことができるそうです。
以上のようにロングストラドルはロングコールとロングプットから成り立っていますが、これが利用されるのは相場の下落または上昇の見込みが確定されてはいないが、動く際には大きな動きが予測されるというときに使われるそうです。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132010690

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。