2009年11月04日

オプション取引とコンビネーション取引

オプション取引では色々なパターンを組み合わせることによってそれが戦略となるわけですが、次はコンビネーション取引というものがあるようですので、触れてみたいと思います。
コンビネーション取引は違う種類のオプションを組み合わせるものだそうです。
また、その逆でスプレッド取引という同じ種類のオプションを組み合わせするものもあります。
コンビネーション取引は複合パターンですので、理解するのに少し大変かもしれませんが、簡単に触れてみると違う種類であるコールの買いとプットの買いの組み合わせ、ほかにはコールの売りとプットの売りを組み合わせるというパターンです。
予測としては相場が変動するかどうかということに対して予測し、方向性は関係しないようです。
コンビネーション取引のパターンはオプション取引を行ううえで覚えておいたほうが良いそうですので、しっかりと把握しておく必要があると思われますが、コンビネーション取引の中でいくつかまた種類があります。
ロングストラドルとショートストラドル、またロングストラングルとショートストラングルということで、コンビネーション取引の中でも4つパターンがあるのです。
このパターンを少しずつ紹介していきます。
まずロングストラドルというのはストラドルの買いという意味のようです。
ショーとストラドルはショートの売り、ロングストラングルはストラングルの買い、ショートストラングルはストラングルの売りという意味になります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。