2009年11月04日

オプション取引のパターン

オプション取引では4つのパターンがあるとのことですが、先ほど説明したロングコールとショートコールの他にはロングプットとショートプットがあります。
ロングプットはプットの買いという意味だそうで、相場が弱い状況であるということが予測されている状態ではあるものの、これも予想ですので外れてしまった場合は損失がでますが、損失が出た場合はロングコールと同じ、損失を限定するということができるもののようです。
これには合成ロングプットがありますが、ショートポジションとロングコールから成り立っているようです。
これが利用されるのは原資産の下落が予想されているが万が一ということで原資産があがることも十分考えられるというときに利用されるそうです。
もうひとつ、ショートプットというのがありますが、ショートプットはロングプットの反対でプットの売りという意味になるそうです。
相場の予測として先行きが確実であると確信してはいるものの、期待できるほど大きな上昇はないと予測されるときに利用されるのがショートプットだそうです。
これにはやはり合成ショーとプットというのがありまして、ロングポジションとショートコールから成り立っているようです。
ショートプットとショートコールは損失を出してしまうとその損失が大きいとも言われています。
また、オプション取引を行う際には4つのパターンがどういうものなのか、どういう組み合わせで成り立っているのかを把握しておきましょう。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。