2009年11月04日

オプション取引の戦略

オプション取引は4つのパターンがありますが、そのパターンとはコールオプションの売りと買い、プットオプションの売りと買いがありますね。
その4つパターンを利用し、戦略を行っていくわけです。
その中でコールオプションの買いでは「ロングコール」というものがあります。
ロングという意味はオプションで買うという意味だそうです。
長いという意味ではないそうですね。
原資産の相場が上がるということを予測してはいるものの、あくまで予想ですので、外れることがあります。
外れた場合には損失がでるわけですが、その損失を限定することをロングコールというそうです。
ロングコールには「合成ロングコール」というのがあり、原資産のコールオプションをあらかじめ購入しておくことです。
その際にはもちろん予想をした上で購入しておくということになります。
オプション取引には満期日があるのを先ほどから説明していますが、満期日に原資産の価値があがるほど利益が増えるということのようです。
合成ロングコールはロングプットとロングポジションから成り立っているそうです。
また、「ショートコール」というのも存在するわけですが、ショートコールはコールの買いという意味だそうです。
相場が下降ぎみになっているあるいは下降していることを予測、確信しているものの、下落自体はそこまで大きいものではないと思われる場合に使用される戦略だそうです。
ちなみにショートコールには合成ショートコールといって、ショートプットとショートポジションを組み合わせたものがあります。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。