2009年11月04日

オプション取引の市場

オプション取引はどういう形態になっているのでしょうか。
オプション取引の形態として、取引される市場がありますが、その市場には2種類ほど種類がありまして上場市場と店頭市場というのがあります。
上場市場というのは取引所というところで行われています。
特徴としては定型化されているのが上場市場の特徴になるようです。
取引所での取引ということの利点としては信用を心配する必要が無いということです。
そして極めて取引の流動性の高いということです。
また、決済においての安全性も高いと言われているようです。
そして店頭市場といのはどういう形かといいますと、相対取引になります。
相対とは銀行間であったり、個人と銀行であったりするようです。
この場合、相対ということで取引の条件は自由に決めることができるようです。
ということは柔軟な取引ができるということですね。
また、証拠金が必要ないということも利点のうちに入るようです。
ただしどちらも利点があれば欠点もあります。
上場市場での欠点といえば証拠金が必要になるということです。
店頭市場では上場市場と反対に流動性が低いと言われています。
そして上場市場とは違って取引所で行われるものではありませんので、信用の問題が発生するということも若干面倒なこととして欠点に挙げられるかもしれませんね。
上場市場では手続きなどがわずらわしいという欠点もあるようです。
また、取引の管理なども煩雑だということが欠点で挙げられています。
posted by オプション取引 at 14:44 | TrackBack(0) | オプション取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。